2016/10/23

Raspberry PiでLチカ(GPIO Sysfs Interface, Bashスクリプト)

概要

Raspberry PiでLチカさせるBashスクリプトを公開します. 2つのLEDを交互に点滅させてみました. GPIO制御処理はシェル関数にして別ファイルに記述してみましたので,流用開発も比較的容易だと思います.


実行例
回路
ブレッドボードビュー

下図を参考にして,3.3VとGPIO 21との間および,3.3VとGPIO 26との間にLEDと330Ω抵抗を接続してください. LEDの極性に注意してください. アノードを3.3Vに,カソードを330Ω抵抗を介してGPIOポートに接続します. したがって,LEDの点灯論理はGPIOがHigh出力(3.3V)のとき消灯し,Low出力(0V)のとき点灯する負論理(Active Low)となります.


ブレッドボードビュー
回路部品

下表は参考部品表です. 参考単価をクリックすると,部品の販売サイトに飛びます. ただし,ここで紹介した参考部品について,私が互換性および動作を確認したわけではありません. ご注意ください.

参考部品表
番号 部品名 型番 数量 参考単価
ブレッドボード CIXI WANJIE ELECTRONICS
BB-801
1 200円
LED1 LED 三洋半導体 SLP-9118C-51H 1 5円
LED2 LED 三洋半導体 SLP3118C-51H-T1 1 5円
R1, R2 炭素皮膜抵抗 各社 1/4W 330Ω 7 1円
ジャンパーコード ジャンパーコード(オス-メス) 3 22円
ジャンパーコード ジャンパーコード(オス-オス) 1 9円
プログラム
動作確認環境

追加インストールが必要なライブラリはありません.

Raspberry Pi Raspberry Pi3 Model B (Element14)
Raspbian Raspbian Jessie 2016-05-27
ソースコード

GitHubにて公開します.セットアップ方法や実行方法もGitHubに記載しています.

製品紹介

Raspberry PiによるLED輝度のPWM制御(C言語)

概要

かなり乗り遅れていますが,最近Raspberry Piを購入しました. PWM制御によりLEDの輝度をゆっくり変化させるプログラムを作ってみましたので,公開します. Raspberry Piのプログラム例はPythonが多い気がしますが,Cです(Pythonは書いたことがない). Linux上で実行するプログラムなので,コマンドオプションで色々設定を変更できるようにしてみました.


Raspberry PiによるLED輝度のPWM制御
回路
ブレッドボードビュー

簡単な回路ですので,回路図はありません. 下図を参考にして,GPIO 18とGNDとの間にLEDと330Ω抵抗を接続してください.


ブレッドボードビュー
回路部品

下表は参考部品表です. 参考単価をクリックすると,部品の販売サイトに飛びます. ただし,ここで紹介した参考部品について,私が互換性および動作を確認したわけではありません. ご注意ください.

参考部品表
番号 部品名 型番 数量 参考単価
ブレッドボード CIXI WANJIE ELECTRONICS
BB-801
1 200円
LED1 LED OptoSupply OSUB5111A-ST 1 18円
R1 炭素皮膜抵抗 各社 1/4W 330Ω 1 1円
ジャンパーコード ジャンパーコード(オス-メス) 2 22円
プログラム
動作確認環境

WiringPiがインストールされている必要があります.

Raspberry Pi Raspberry Pi3 Model B (Element14)
Raspbian Raspbian Jessie 2016-05-27
WiringPi 2.32
ソースコード

GitHubにて公開します.セットアップ方法や実行方法もGitHubに記載しています.

製品紹介